カービングスキー。

2016-01-12  

曇り空ですがね、絶好調のバーンに仕上がっているやぶはら高原です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝のちょっとした時間、若手パトロール隊員とスキー講習してきました。
「外向傾ができとらん!」そう教わったというのは私よりも上の世代の方ですかね(笑)
スキーというのは外向傾が基本でした。でしたというか、今でも基本だと思っています!

なんせ昔はSL競技で198㎝を使ってましたからね、傾いただけでは曲がれませんでした・・・

若手隊員はまさにカービングスキーからスキーを始めた世代。大事な時に外スキーを踏み外して内倒ってパターンが多く見受けられます。
ボートを引いたり背負い搬送したり、外向傾ってすごく大事なんですよね。

お題は・・・
広めのプルークスタンスでターンに入り、スキーをしっかりたわませる事。
バーンは緩斜面です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
逆のターンですがほぼ同じタイミングです。

ばっちりカービングスキーの弊害が出てしまっています。
これに今まで気付いていなかったんですね、しかし、今日気付けたのでこれからはここを直せばOKです。
ここでしっかり外スキーが雪面を捉えれば、勝手にたわんで勝手に走ってくれます。
内スキーを外スキーにそろえればパラレルターンの完成です。

私自身、腰が回る癖があり苦労しました。
しかし、ちょっとの気付き、修正で格段にレベルを上げることができるのがスキーのいいところです。
さあ、どんどん滑って自分のレベルを上げていきましょう!
目標はテクニカル合格だそうです!

HOMEやぶはら動画やぶはら通信イベント情報よくある質問個人情報保護特定商取引に関する法律に基づく表示安全報告書サイトマップ
長野で日帰りスキー場をお探しなら『やぶはら高原スキー場』  営業時間 08:30~16:30
〒399-6202 長野県木曽郡木祖村菅2857-16 TEL(0264)36-3322 FAX(0264)36-1623
Copyright© やぶはら高原スキー場公式web All Rights Reserved.