ボーダー

2016-02-18  

朝の-15℃からグッと気温が上がり、快適なやぶはら高原です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
水分の無い体積の詰まった人工雪で仕上げられたこく3Aコース、最高の食いつきをみせています!

そんな極上バーンで若手パトロール隊員が今シーズン買ったR35、190㎝の競技用のスキーを履かせてもらいました。
トップからしっかり食いついて抜群の走りが体験できるんですが・・・角を立てていったときに渋る、詰まる、失速する・・・
「これはボーダーが引っかかってるな・・・」

聞いてみると購入してから何もしてない、と。
ボーダー、boarderではなくborder。ヘリとか端の方です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エッジの滑走面側でなくて、スキーのサイド側。分かりにくいですけどエッジ幅と同じように出っ張ってる部分、ここが雪と擦れて失速してるんですね。

通常エッジを研ぐ前にここを落とすんですが、レースをやったり上級の方は新品を下す前にボーダーカットしてると思います。

勿論若手隊員のために落としてあげましたよ!
それから滑りに行ったのですが、違いをちゃんと実感してくれました(笑)

ちょっとしたことで大きく変わるんですね、エッジの角度やビベリング、ストラクチャーやワックスなどこだわっていくとキリがありませんが、自分好みのセッティングを出していくのもスキーの楽しいところですね、なんせスキー&ボードはマシンなんですから!
masa

HOMEやぶはら動画やぶはら通信イベント情報よくある質問個人情報保護特定商取引に関する法律に基づく表示安全報告書サイトマップ
長野で日帰りスキー場をお探しなら『やぶはら高原スキー場』  営業時間 08:30~16:30
〒399-6202 長野県木曽郡木祖村菅2857-16 TEL(0264)36-3322 FAX(0264)36-1623
Copyright© やぶはら高原スキー場公式web All Rights Reserved.