スキー場の裏側。

2017-01-05  

昨晩(今朝?)わたくし圧雪当番でしたので、ちょっと圧雪業務のお話を。

やぶはら高原スキー場は、天候、バーン状況によって圧雪車の稼働する時間をその都度変えているのですが、ここ最近は夜中というか早朝の稼働となっております。

朝3時に集合して圧雪車の点検&暖機運転、その後マシン小屋にて降雪部とミーティングを行って現在のスノーマシンの稼働状況、雪の状況を把握します。




さあ、3時30分から作業開始です。

車に乗ってしまえば独りの職場です。
他の車、降雪部隊とは無線を使って連絡を取り合います。

スノーマシンが稼働しながらの圧雪作業なのでホースの位置、撤収ルートなどすべてを把握していなくてはいけません。

圧雪車を見たことがある方、後ろについているティラー(ロータリー)で畑を耕すようにゲレンデをフラットにしていくとお思いじゃないですか?
実は、フロントについているブレードでゲレンデを削ってフラットを出すんです。
しかもただ削るわけではなく、削った雪をロールさせて空気と混ぜながら次のレーンに良い雪として流していきます。

これがフルフラットなゲレンデを造るために大切なテクニックとなります。
そうして出来上がったゲレンデ。

これがお客様の最高のステージとなるわけです。

作業後は車体の雪落とし。雪を落としながら油圧ホースやシリンダーの点検も行います。


営業開始になり、自分自身で滑ってきました。


ただエンジョイスキーをしてきたわけではなく、仕上がりを見てきました。段差はないか、スノーマシンでできた雪の山の削り方はいいか…
こんなふうにしてゲレンデは造られているわけです。

そろそろ眠くなってきました…笑
masa

HOMEやぶはら動画やぶはら通信イベント情報よくある質問個人情報保護特定商取引に関する法律に基づく表示安全報告書サイトマップ
長野で日帰りスキー場をお探しなら『やぶはら高原スキー場』  営業時間 08:30~16:30
〒399-6202 長野県木曽郡木祖村菅2857-16 TEL(0264)36-3322 FAX(0264)36-1623
Copyright© やぶはら高原スキー場公式web All Rights Reserved.