緊張ユニット。

2017-08-28  

索道(リフト)はモーターが回って乗客が山頂へ乗っていけるわけですが、システムとしてはそれだけではないんです。
リフト乗り場で大きなシリンダーを目にしたことはありませんか?リフトによっては山頂についているものもありますが、やぶはら高原スキー場のリフトは全て山麓側についています。

こんな感じで。
これはですね、油圧によって常に張力をかけているのです。
乗客の数や気温(ワイヤーロープは鉄なので暖かければ伸びるし寒ければ縮む)によって変わるワイヤーロープの長さに合わせて調整しているわけです。この機能が無いとワイヤーロープが伸びた時に脱索してしまいます。
なのでモーター同様、営業中は常に稼働している部分、オーバーホールや交換が必要なわけです。


今季は第1ペアのユニットオーバーホール。
シリンダーは交換になるので今回は取り外しまで。
新品が来たら取り付けします。

masa

HOMEやぶはら動画やぶはら通信イベント情報よくある質問個人情報保護安全報告書サイトマップ
長野で日帰りスキー場をお探しなら『やぶはら高原スキー場』  営業時間 08:30~16:30
〒399-6202 長野県木曽郡木祖村菅2857-16 TEL(0264)36-3322 FAX(0264)36-1623
Copyright© やぶはら高原スキー場公式web All Rights Reserved.