索道整備に入ります。ベアリング組み1

2012-11-06  

ゲレンデの整備が終わって、これからは索道の整備となります。
本日から私は、ダイヤモンドライナーの索輪(さくりん)のベアリング組み付けを行います。
索輪というのはですね、リフトの支柱に付いてるタイヤのようなもの。ワイヤーロープを誘導してるとでも言いましょうか。
アルミのホイールにゴムのライナーが付いていて、そこがワイヤーロープと当たりくるくる回っております。回るものなので、当然軸部分にはベアリングが組んであります。そのベアリング部分の組み付けを行います。

昨年ガタが出て交換した索輪のバラしはしておいたんですよ。で、これがまたスペアとなりますんでベアリングを組んで使える状態にしておくわけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラボ内はこんな感じ。オイルやグリスの独特のにおいがする部屋です。でもなんか、落ち着くんですよね。

作業は・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが軸に入るベアリングです。1つの索輪に2つ、外側と内側に入ってその間はグリスが充てんされるわけです。なので、内側になる片側のシールを外して、グリスを塗りったくります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グリスを詰めたベアリングに軸になるカラーを圧入します。電動ではないです、ハンドポンプ式です。
片っぽのベアリングが付いた状態。上部の細い部分にもう1個付いて、その間はグリスがびっしり。で、この塊が索輪の軸の部分に入るわけです。なんとなくイメージ出来ますか?
続きは後日。マニアックねたですが、私の独断と偏見でまだまだ続きます(笑)

 

 

HOMEやぶはら動画やぶはら通信イベント情報よくある質問個人情報保護特定商取引に関する法律に基づく表示安全報告書サイトマップ
長野で日帰りスキー場をお探しなら『やぶはら高原スキー場』  営業時間 08:30~16:30
〒399-6202 長野県木曽郡木祖村菅2857-16 TEL(0264)36-3322 FAX(0264)36-1623
Copyright© やぶはら高原スキー場公式web All Rights Reserved.